2006年11月03日

FX(外国為替証拠金取引)スワップとは

FXの取引ルールの中でも、スワップやレバレッジという言葉は分かりにくいと感じる人が多いようです。


スワップとは金利差のことで、現在、世界的に金利が安い部類に入る日本では、誰が投資してもいいくらい、と言われるほど効率的な投資方法です。


FXでは、金利の安い通貨を売って、金利の高い通貨を買って持っていると、金利の差額分の受取額が発生します。これがスワップポイントです。


スワップは購入した通貨を持っている間、毎日FXから受け取ることができます。


FXの取引業者ごとに、組み合わせられる通貨に特徴があり、多くの通貨が取引できますが、選ぶのに困るほどの量でもなく、メジャーで金利差が大きいことが分かっている豪ドル、米ドルなどにしぼって取引する人も多いようです。


通貨を買うときにレバレッジを数倍に設定すれば、ちょっとした資金でも、1日数十円〜100円程度のスワップ、年間で数万のお小遣いがゲットできる計算になります。


FXの大きな特徴であるレバレッジは、利益を大きく取ることもでき、読みが外れたときにはそれだけのリスクを負うことにもなるポイントなので、よくシュミレーションを重ねましょう。

FX投資スワップ活用法

FX投資は、中長期の資産運用に有利な外貨投資法と言えます。


ゼロ金利がやっと解除されたとはいえ、日本の銀行に預けているお金なんて、全然増えそうな気がしませんよね。これは、金利が低いためです。


豪ドル、米ドルなどの通貨で預金すると、桁の違う利子がついて、まとまったお金を預ければ、利子生活ができてしまうほどです。


FXのスワップは、スワップ金利とも言われていて、こういった通貨の金利差が利益になる投資法です。


例えば、FXでレバレッジを3倍程度に設定し、日本円で豪ドルを1万ドル買うと、豪ドルを売ってしまうまで、記事を書いている時点での金利差15〜18%のスワップ、1日あたり100円ちょっともらえる計算になります。年間だと4万ちょっとですね。


100万円を日本の銀行に預けて、年間4万の利子がついたと考えると、まあまあ上出来でしょうか。


スワップは毎日受け取ることができるので、結果がすぐ見えるところもうれしいですね。

FXの税金とは

FX投資で儲けた!とうまく行ったら、次はFXの税金をマスターしましょう。


税金は、給与や事業などによる所得にかかる所得税と、株式や先物投資などのように特別な税率が決まっている分離課税があります。


FXは雑所得として申告して、儲かった分は多く給与があったと計算し、所得税として税金を払うことになります。


複数の取引業者でFX投資をしていた場合は、損をしている口座も儲かっている口座も合算して申告できますが、トータルで損失が出ていても、他の所得から損失を差し引くことはできません。


FX投資のための必要経費は差し引くことができるので、手数料や購入した資料などは記録や領収書を残して賢く税金を払いましょう。
posted by 管理人 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの税金

FX投資の税金マメ知識

FXを週末副業にしてお小遣いを稼いでいる人も多いのではないでしょうか。


FXで儲かった分にも、しっかりと税金がかかってきます。


所得税の中に雑所得として合算して税金を払うことになるので、儲けの10%程度は税金として出ていくくらいのコスト管理が必要になってきます。


ただし、年間の儲けが20万以下の場合は、申告して税金を払わなくてもいいことになっています。電卓を叩くと、月1.6万…お小遣いには丁度いいかも知れません。


FX投資の利益には、株式や先物取引に設定されているような分離課税などの税制優遇がありません。どちらもやっている場合は、トータルの損益を合算できないので注意しましょう。


FX向けの税金優遇政策として、2005年から「くりっく365」(取引所為替証拠金取引)というものが設定されています。

手数料が高いことが難点ですが、700万円以上の利益が出ている場合は税率が割安になったり、損失を3年間持ち越せるなどの税金優遇が受けられます。

posted by 管理人 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの税金

FXのシステムトレードとは

FXだけでなく、金融商品をトレードして利益をあげようとする場合、ついデータに振り回されたり、感情で判断したりしまいがちです。


システムトレードとは、そういった人間的な感情を差し挟まずに、機械的に決められたルールに則ったトレードを行うことを指します。


為替相場、スワップ、レバレッジなど多くの要素が組み合わさって複雑に変動し続けるFX投資では、一時的な感情に左右されずに、システムトレードによってコンスタントに利益を出すことができるようになると言われています。


実際にFX投資でシステムトレードをすると決めたら、ルールを変更することなく機械的に売買することが大切です。


コンピュータにシステムトレードのプログラムを組み込み、自動売買する方法が近年増えていますが、個人でも表計算ソフトを使ったシステムなどで応用できるので研究してみると面白いかもしれませんね。
posted by 管理人 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | FXのシステムトレード

FXでの実践的システムトレード方法

FXで利益をあげるためには、一時的な感情や溢れかえる情報に左右されることなく、売り時、買い時をシステム化して機械的にトレードすることが、コンスタントな結果につながります。


FX投資のトレードをシステム化するには、設計、テスト、検証、運用のプロセスをたどります。


システムトレードの設計をする場合は、移動平均線、オシレーター系のチャート上で、売るタイミング、買うタイミングを分析し、ルール化します。


テストは、FXの過去のデータを使ってテストを行い、安定した結果を出すかどうかチェックします。


海外では、FXに限らずどの投資でも、システムトレードという考え方が浸透しています。

プロがコンピュータで本格的に組み上げたプログラムも近年増えてきています。

FXのシステムトレード入門としては、表計算ソフトや、システムトレードツールが出回っているので、機能や操作性を確かめながら、自分のルールを作っていきましょう。
posted by 管理人 at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | FXのシステムトレード

FX投資のリスク管理

FX投資は、資金が少なくても、レバレッジを使うことで、大きな金額を扱うことができます。


変動し続ける為替や金利をある時点で買うことをポジションを取るといい、そのポジションに対して、1倍、2倍、3倍といったレバレッジを設定しておくことで、変動後のFX投資の利益も1倍、2倍、3倍となります。


リスクとしての損失ももちろん、1倍、2倍、3倍です。


FX投資でリスク管理をする場合のキーワードは、レバレッジのコントロールといえるでしょう。


リスク管理とは、取ったポジションが変動して損失が発生したときに、どこまでが安全圏かを判断し、安全圏を超えた場合は、速やかに損失を確定して手を引くことに尽きます。

レバレッジを1倍に設定したときは、いくらまでの損失が安全。2倍のとき、3倍のとき、と、常に安全圏を意識し、FX投資のリスクをうまくコントロールしましょう。
posted by 管理人 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | FXのリスクについて

FXでのリスクコントロール

FX投資では、みなさんの命の次に(命より?)大切なお金が、運用によって増えたり減ったりします。


運用して増やそうと思っているのに、減ったりしたら困ってしまいますね。

読みが外れて、一晩で数百万もの損失が出たら、奥さんや家族に打ち明けたり、いつもどおり会社に行って平常心で仕事をしたりできるでしょうか。


リスクコントロールをしっかりして、FX投資で失敗しても、大切なお金はもちろん、家庭や社会的信用まで失わないように心がけたいものです。


FXで扱う対象は、時々刻々と変動しているので、予想と反した動きで損失が発生しても、流れが変わって利益が乗ることもあります。もちろん、さらに損失が拡大し続けることの方が多いと言われています。


FX市場の動きが予想外だった場合、多くの人は焦って手を引こうとするので、大抵は引き際をためらっているほどリスクは大きくなり、損失が拡大していきがちです。


リスクばかり強調しているようですが、FX投資ではレバレッジといって、少ない資金を元に大きな金額を取引できる仕組みがあります。大きな利益を狙おうとするほど、リスクも大きくなっていきます。

レバレッジが1倍の場合は、元手が少し、あるいは大きく減る程度ですが、レバレッジを高く設定していた場合の損失は、場合によっては元手の何倍にもなってしまいます。


リスクとイコールともいえるレバレッジをうまく使いこなして、こつこつと利益をあげていきたいですね。

posted by 管理人 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | FXのリスクについて