2006年11月03日

FX投資のリスク管理

FX投資は、資金が少なくても、レバレッジを使うことで、大きな金額を扱うことができます。


変動し続ける為替や金利をある時点で買うことをポジションを取るといい、そのポジションに対して、1倍、2倍、3倍といったレバレッジを設定しておくことで、変動後のFX投資の利益も1倍、2倍、3倍となります。


リスクとしての損失ももちろん、1倍、2倍、3倍です。


FX投資でリスク管理をする場合のキーワードは、レバレッジのコントロールといえるでしょう。


リスク管理とは、取ったポジションが変動して損失が発生したときに、どこまでが安全圏かを判断し、安全圏を超えた場合は、速やかに損失を確定して手を引くことに尽きます。

レバレッジを1倍に設定したときは、いくらまでの損失が安全。2倍のとき、3倍のとき、と、常に安全圏を意識し、FX投資のリスクをうまくコントロールしましょう。
posted by 管理人 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | FXのリスクについて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1643867
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック