2006年11月03日

FXのシステムトレードとは

FXだけでなく、金融商品をトレードして利益をあげようとする場合、ついデータに振り回されたり、感情で判断したりしまいがちです。


システムトレードとは、そういった人間的な感情を差し挟まずに、機械的に決められたルールに則ったトレードを行うことを指します。


為替相場、スワップ、レバレッジなど多くの要素が組み合わさって複雑に変動し続けるFX投資では、一時的な感情に左右されずに、システムトレードによってコンスタントに利益を出すことができるようになると言われています。


実際にFX投資でシステムトレードをすると決めたら、ルールを変更することなく機械的に売買することが大切です。


コンピュータにシステムトレードのプログラムを組み込み、自動売買する方法が近年増えていますが、個人でも表計算ソフトを使ったシステムなどで応用できるので研究してみると面白いかもしれませんね。
posted by 管理人 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | FXのシステムトレード

FXでの実践的システムトレード方法

FXで利益をあげるためには、一時的な感情や溢れかえる情報に左右されることなく、売り時、買い時をシステム化して機械的にトレードすることが、コンスタントな結果につながります。


FX投資のトレードをシステム化するには、設計、テスト、検証、運用のプロセスをたどります。


システムトレードの設計をする場合は、移動平均線、オシレーター系のチャート上で、売るタイミング、買うタイミングを分析し、ルール化します。


テストは、FXの過去のデータを使ってテストを行い、安定した結果を出すかどうかチェックします。


海外では、FXに限らずどの投資でも、システムトレードという考え方が浸透しています。

プロがコンピュータで本格的に組み上げたプログラムも近年増えてきています。

FXのシステムトレード入門としては、表計算ソフトや、システムトレードツールが出回っているので、機能や操作性を確かめながら、自分のルールを作っていきましょう。
posted by 管理人 at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | FXのシステムトレード