2006年11月03日

FXの税金とは

FX投資で儲けた!とうまく行ったら、次はFXの税金をマスターしましょう。


税金は、給与や事業などによる所得にかかる所得税と、株式や先物投資などのように特別な税率が決まっている分離課税があります。


FXは雑所得として申告して、儲かった分は多く給与があったと計算し、所得税として税金を払うことになります。


複数の取引業者でFX投資をしていた場合は、損をしている口座も儲かっている口座も合算して申告できますが、トータルで損失が出ていても、他の所得から損失を差し引くことはできません。


FX投資のための必要経費は差し引くことができるので、手数料や購入した資料などは記録や領収書を残して賢く税金を払いましょう。
posted by 管理人 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの税金

FX投資の税金マメ知識

FXを週末副業にしてお小遣いを稼いでいる人も多いのではないでしょうか。


FXで儲かった分にも、しっかりと税金がかかってきます。


所得税の中に雑所得として合算して税金を払うことになるので、儲けの10%程度は税金として出ていくくらいのコスト管理が必要になってきます。


ただし、年間の儲けが20万以下の場合は、申告して税金を払わなくてもいいことになっています。電卓を叩くと、月1.6万…お小遣いには丁度いいかも知れません。


FX投資の利益には、株式や先物取引に設定されているような分離課税などの税制優遇がありません。どちらもやっている場合は、トータルの損益を合算できないので注意しましょう。


FX向けの税金優遇政策として、2005年から「くりっく365」(取引所為替証拠金取引)というものが設定されています。

手数料が高いことが難点ですが、700万円以上の利益が出ている場合は税率が割安になったり、損失を3年間持ち越せるなどの税金優遇が受けられます。

posted by 管理人 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの税金